私たち人間の身体は、およそ60兆の細胞からなっています。
これらの細胞が周囲の細胞・組織・臓器との間で調和を保ちながら、それぞれの役割を果たすことで、私たちは健康な身体を維持することができます。

正常な細胞には、みずからの生死をコントロールするための遺伝子が組みこまれており、分裂をくり返して老化した細胞や、分裂に失敗した細胞は自然崩壊を起こすようにプログラムされています。このような細胞の自然崩壊現象を【アポトーシス】といいます。

人間の身体を構成する60兆の細胞は、分裂とアポトーシスをくり返すことで、常に新しい細胞と入れ替わっているわけです。

しかし、細胞のなかでも遺伝子の変異によりアポトーシスを忘れ、細胞としての正常な機能を失ったまま分裂をくり返す異常な細胞が生まれます。それががん細胞です。

アポトーシスを起こさないがん細胞には 正常細胞のような寿命がなく、この強じんな生命力こそが、がん治療をよりいっそう難しくしています。

また がん細胞は、はじめにできた部位から近くのリンパ管や血管を通って、身体中のあらゆる所に遠征し、新しい病巣をつくります。これががんの転移です。
転移した範囲が広かったり、手術で取りきる事が不可能な場合には、治療がより難しくなります。

さらに、がんを取りきったつもりでも、がん細胞がわずか一つでも残っていれば、がんは再び増殖と転移を繰り返して、身体をむしばんでいきます。これががんの再発です。
がんがほかの病気と大きく違うところは、このように転移や再発をくり返すことです。
 
  がんとは
 

正常細胞の分裂周期
分裂を終えた正常な細胞は、静止期であるG0期にとどまった後、成長期であるG1期のなかで 分裂のサイクルに戻るか、分化・老化・アポトーシスのいずれかを選択します。
このように、細胞は常に分裂増殖しているわけではなく、実は体内細胞のほとんどはG0期にとどまっており、分裂や増殖を停止しています。
このG0期での静止によって、臓器などが過剰に大きくなることを防止しています。



がん細胞の分裂周期
正常細胞とは異なり、分裂を終えたがん細胞は、静止期であるG0期にはとどまることなくG1期に入り、アポトーシスすることなく無制限に増殖をつづけます。
このため、がん組織が膨らみつづけて、ひずみが生じ、周囲の組織が破損してしまうため激しい痛みや 疼痛を生じます。
正常細胞と、がん細胞の違いは、G0期にとどまる能力があるかないかとも考えることができます。


 
 
がん(悪性腫瘍)には以下の3つの特徴があります。
@ 自律性増殖 がん細胞はヒトの正常な新陳代謝の都合を考えず、自律的に勝手に増殖を続け、止まることがない。
A 浸潤と転移 周囲にしみ出るように広がったり(浸潤)、あちこちに飛び火(転移)して次から次へと新しいがん組織をつくってしまう。
B 悪液質
(あくえきしつ)
がん組織は、ほかの正常組織が摂取するはずの栄養をどんどん取ってしまうため、体が衰弱する。 カヘキシーともいう。

がん(悪性腫瘍)と 良性腫瘍との違いは A 浸潤と転移 B 悪液質の2点です。

良性腫瘍は@の「自律性増殖」をしますが、「浸潤と転移」、「悪液質」を起こすことはありません。
増殖のスピードもがんに比べて遅く、外科的に完全切除すれば再発することはありません。



  
▲ ページの先頭にもどる
〒815-0037 福岡県福岡市南区玉川町2-1-4F
TEL:092-551-8800  FAX:092-551-8811